SHK8204
SHK8204

損害保険研究 第82巻第4号

(税込・送料無料)

損害保険事業総合研究所

2021年2月発刊

¥1,650(税込)

損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。

概要

<研究論文>

日本版MaaSにおける自動運転事故とサイバーセキュリティ

香川大学法学部教授 肥塚肇雄氏

目次

1  問題提起

2  日本版MaaSの推進とデータ連携基盤

3  日本版MaaSにおける自動運転事故とサイバーセキュリティ

4  結びにかえて―自動運転事故「災害保険」構想の可能性―

 

 

<研究論文>

アメリカ自然災害保険制度の概括的検討

島根大学法文学部准教授 嘉村雄司氏

目次

Ⅰ はじめに

Ⅱ 自然災害に起因する損害と保険による補償の現状

Ⅲ 自然災害リスクに対する保険の役割と限界

Ⅳ 自然災害保険制度への公的関与に関する課題

Ⅴ 自然災害保険制度をめぐる学説上の議論

Ⅵ むすび

 

<講演録>

新時代の保険経営にむけての制度設計―「経済価値ベースのソルベンシー規制等に関する報告書」の意義 ―

東京経済大学教授 米山高生氏

 

 

<損害保険判例研究>
「損害保険判例研究会」判例報告

盗難車両による交通事故と所有者の管理上の過失
 最高裁令和2年1月21日判決 平成30年(受)第1711号 求償金等、損害賠償請求上告事件
 自保ジャーナル2056号1頁

法政大学法学部教授 潘阿憲氏

 

自動車事故弁護士費用特約の免責条項における「労働災害」は通勤災害を含むとして免責を適用した事例
 大阪地裁令和元年5月23日判決 平成30年(ワ)第7687号 保険金請求事件
 金判1574号38頁、判タ1466号163頁、判時2428号114頁

早稲田大学商学学術院教授 中出哲氏

 

<事例研究>

三菱重工の保険リスクマネジメント改革について

第3期ERM経営研究会座長、慶應義塾大学商学部教授 柳瀬典由氏

目次

1.はじめに

2.沿革と業界の特徴

3.直面する課題

4.全社的リスクマネジメントに向けた保険戦略の新展開

5.まとめ

 

 

<研究所事業紹介>

損保総研レポート第133号(2020年11月発行)
保険業界における障害者雇用の現状と取組-米国・イギリスを中心に-

損保総研 研究部 主席研究員 飯野 由佳子

諸外国の保険業界におけるIT活用の動向

損保総研 研究部 主席研究員 笠原 康弘

サイズ:A5判

価格
¥1,650(税込)
数量