KK240501

役員の義務、責任とD&O保険

毎月2回配信(1日と15日に配信開始)視聴期間1か月

開講日:2024/06/01

講 師:

三浦法律事務所
弁護士 大草 康平 氏

申込締切日:5月30日(木)

¥6,600(税込)

近時、電力会社の発電所事故をめぐる株主代表訴訟において、旧経営陣の責任が認定され、総額で10兆円を超える巨額の賠償額が認定されたことが話題となりました。会社役員が適切な職務を行わず、その義務に違反した場合に相応の責任を負うべきことはいうまでもありませんが、他方で、役員等がその職務の執行に関し損害を賠償する責任を負うことを過度に恐れることによりその職務の執行が萎縮することがないように役員等に対して適切なインセンティブを付与するという観点から、会社役員賠償責任保険(D&O保険)は重要な機能を有しています。

本講座では、取締役、監査役等の役員の職務や義務・責任について、近年のコーポレート・ガバナンスに関する制度改正や考え方も踏まえつつ、基本的かつ重要な事項についてご説明します。その上で、近時判決がなされた株主代表訴訟の事例等も踏まえ、類型ごとに裁判所が役員責任の有無を判断するポイントを解説いたします。

また、D&O保険がカバーしている範囲や、D&O保険と同様、役員等に対して適切なインセンティブを付与する観点から活用が広まりつつある会社補償契約との共通点、相違点について、近時の会社法改正も踏まえつつ基本的なポイントについてお伝えします。

D&O保険の実務に携わる方やその前提として役員の義務・責任の基本について押さえたい方を中心に、多くの皆様のご参加をお待ちいたします。

収録時間:約70分
配信期間:1カ月間
講義項目

Ⅰ コーポレートガバナンスをめぐる制度改正の状況
Ⅱ 取締役、監査役の職務
Ⅲ 取締役、監査役の義務・責任
Ⅳ D&O保険と会社補償

講師紹介

大 草 康 平 (おおくさ こうへい)氏

三浦法律事務所 弁護士

略 歴
2012年 東京大学法学部卒
2015年 弁護士登録、西村あさひ法律事務所(~2020年)
2017年 経済産業省 産業組織課へ出向(課長補佐)(~2019年)
2020年 三浦法律事務所(~現在)

主要著作論文
・「知財×会社法 特許権侵害警告書への対応と役員の責任」(NBL、2023)
・「三ッ星事件(買収防衛策発動に対する差止めが認められた事例)」(ビジネス法務、2023)
・「『グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針』(グループガイドライン)の解説(中・下)」(共著、旬刊商事法務、2019)
・「産業競争力強化法における株式対価M&Aに関する計画認定制度の創設および税制措置の解説」(共著、旬刊商事法務、2018)
など多数

動作環境

PC(Windows10):Microsoft Edge(最新版), FireFox(最新版), Google Chrome(最新版)
PC(Windows11):Microsoft Edge(最新版), FireFox(最新版), Google Chrome(最新版)
PC(Mac OS High Sierra 10.13以降):FireFox(最新版), Google Chrome(最新版), Safari(最新版)

iPad、iPhone(iOS 14.0以降):Safari(最新版)
Android (8.0 以降):Google Chrome(最新版)

配信開始日とお申込みについて

この講座は毎月2回開講しています。

  • 配信開始日:毎月1日&15日、視聴期間1か月
  • 申込締切日:配信開始日(1日、15日)の2営業日前
  • 開講日の1営業日前に、受講に必要なIDとパスワードをメールでお知らせいたします。
  • 研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、貴社のお申込み方法に従ってください。
  • お申込者と受講者が異なる場合、または複数名お申込みの場合は、お申込み受付メールと別に「受講のご確認」メールが届きますので、そちらに記載されたURLにアクセスの上、受講者氏名のご入力をお願いいたします。
価格
¥6,600(税込)
数量