P2P保険による保険革命

P2P保険による保険革命  
開講日:2020年1月22日(水) 18:00 ~ 20:00
講 師:
株式会社 justInCase
代表取締役 畑 加寿也 氏
申込締切日:1月22日(水)
¥7,700

※受講料は税込価格です。

 インシュアテックは今や世界的な潮流になりつつあり、海外では多くのスタートアップ企業が多額のベンチャー資金を集めて次々と斬新な保険商品を開発しています。一方で、日本は残念ながらこの潮流に大きく出遅れていると言われています。
 その中で、2016年に設立されたjustInCase社は我が国初の本格的インシュアテック保険会社として広く注目を集めています。同社は、インシュアテックのサービスとしてP2P保険(Peer to Peer)の仕組みを生かした「わりかん保険」(仮称)のサンドボックス認定(*)を2019年7月に金融庁から取得し、現在、販売準備に取り組んでいます。
 P2P保険は、欧米、中国で既に多くの成功例が報告されており、これからの保険業界を一変させる可能性を秘めた保険です.

 本講演では、日本におけるP2P保険のパイオニアであるjustInCase社の畑CEOから、起業に至った経緯、P2P保険の開発動機と仕組み、市場性、リスクなどについて直接お話しいただきます。
(*)サンドボックス制度は、新しい技術、ビジネスモデルを促進するために2018年に開始され、内閣官房主導で運営されている。これまでに13件の認定案件があるが、保険分野では同社が初めての認定。

【講義項目】
1.InsurTechの現状と課題
2.中国におけるP2P保険
3.日本におけるP2P保険
4.サンドボックス制度を利用した「わりかん保険」の挑戦と現状

【お申込みについて】
研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、 貴社のお申込み方法に従ってください。
または
講座概要

講座概要

開講日 2020年1月22日(水) 18:00 ~ 20:00
講師
株式会社 justInCase
代表取締役 畑 加寿也 氏
会場

損保会館 会議室

住  所: 東京都千代田区神田淡路町2-9
最寄り駅: JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
      東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩5分
      東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A5出口 徒歩5分
      都営新宿線 小川町駅 A5出口 徒歩5分
*正面玄関のシャッターが下りた後(18:30以降)は右手奥の通用門をご利用下さい。
 損保会館に入館の際は、社員証または本募集要項をご提示下さい。
申込締切日 1月22日(水)
追加情報

【その他】

・お申込み後の取消については、開講日の前日までに損保総研へご連絡下さい。当日のご欠席はキャンセル料として受講料の全額をご請求申し上げます。
・定員は設けておりませんが、受講希望者が僅少の講座については開講を見合わせることがあります。
・講演中の録音、録画は固くお断りいたします。
・事前アンケートは、講座内容の充実に向けて講師の参考資料としますのでご協力をお願いいたします。
「アンケートWeb回答用」
講義項目

講義項目

【講義項目】

1.InsurTechの現状と課題
2.中国におけるP2P保険
3.日本におけるP2P保険
4.サンドボックス制度を利用した「わりかん保険」の挑戦と現状
講師紹介

講師紹介

【講師紹介】

株式会社 justInCase 
代表取締役 畑 加寿也 氏

略 歴
2004年、京都大学大学理学部卒
世界最大規模の保険数理コンサルティング会社 Millimanで保険数理に関するコンサルティングに従事
その後、JPモルガン証券・野村證券・ミュンヘン再保険において、商品開発・リスク管理・ALM等のサービスを保険会社向けに提供
2016年 少額短期保険会社 (株)justInCaseを共同創業。CEOに就任
2019年 金融庁から「わりかん保険」(仮称)のサンドボックス認定を取得

資格等
日本アクチュアリー会正会員 米国アクチュアリー会準会員
フィンテック協会理事 ワインエキスパート