転換期に入った世界のリスク環境

転換期に入った世界のリスク環境
開講日:2017/09/07 18:00~20:00
講 師:

株式会社 亀屋 
代表取締役社長・危機管理コンサルタント 
山崎 正晴 氏

申込締切日:8月31日(木)
¥7,690

 経済のグローバル化が進む一方、日本経済全体に閉塞感が漂う中で、新市場開拓を目指して日系企業の海外進出が続いています。その障害として日本と異なる海外の法制度や文化・慣習の違いが指摘されてきましたが、最近では政治・社会情勢の不安定やテロ・誘拐・反社会的活動の多発が大きなリスクとして認識されています。


 米国大統領選挙でのトランプ候補の勝利に始まり、英国のEU離脱、欧州の右傾化、中国の台頭、北朝鮮の核問題、ISのテロ、深刻化するサイバーテロなど世界はこれまでにないほどリスクが渦巻いています。
 こうした環境の変化は一見無関係に見えますが、実は全てが連動していると言う日本初の危機管理コンサルタント・山崎正晴氏を講師に迎え、目まぐるしく変わる世界経済の情勢一つ一つを取り上げて顕在化するリスクとその関係性を解説し、さらに日本の政治経済に及ぼす影響を含めて、企業が向き合う転換期の意味と進むべき道を提言します。


 経営企画部門、企業営業部門、海外営業部門、国際・再保険部門、損害調査部門の皆様をはじめとして、広く多数の方々のご参加をお待ちしております。


 【お申込みについて】 研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、貴社のお申込み方法に従ってください。


 

または
講座概要

講座概要

開講日 2017/09/07 18:00~20:00
講師

株式会社 亀屋 
代表取締役社長・危機管理コンサルタント 
山崎 正晴 氏

会場

損保会館 会議室

住  所: 東京都千代田区神田淡路町2-9

最寄り駅: JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
       東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩5分
       東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A5出口 徒歩5分
       都営新宿線 小川町駅 A5出口 徒歩5分

*正面玄関のシャッターが下りた後(18:30以降)は右手奥の通用門をご利用下さい。損保会館に入館の際は、社員証または本募集要項をご提示下さい。

講演中の録音、録画は固くお断りいたします。

申込締切日 8月31日(木)
追加情報

【キャンセルについて】

・お申し込み後の取消については、開講日の前日までに損保総研へご連絡下さい。当日のご欠席はキャンセル料として受講料の全額をご請求申し上げます。

・講演中の録音、録画は固くお断りいたします。

講義項目

講義項目

講義項目

・トランプの勝利と英国のEU離脱の意味、世界への影響

・イラク、シリアでのIS支配の終焉から、次のステージへの移行の兆し

・北朝鮮核問題の本質と今後の見通し

・安倍政権の支持率低下の意味

・日本企業の課題とチャンス

 

講師紹介

講師紹介

講師紹介

株式会社 亀屋 代表取締役社長(危機管理コンサルタント)山崎 正晴氏 

 略 歴

1972年 慶応義塾大学法学部法律学科卒業と同時に、英国ロイズ在日エージェントであるCornes & Co に入社、海上保険のアンダーライティング担当。

1979年~1981年、英国留学、Control Risksの創始者より「誘拐対応手法」を学ぶ。

1981年 英国留学より帰国後、日本初の危機管理コンサルタントとして活動を開始。

1991年 Cornes & Coを退職し、英国の危機管理コンサルティング会社Control Risks に取締役として入社、ロンドン本社勤務となる。

1992年 Control Risks 初代日本支社長に就任、これ以降16年間に亘り、世界各地でテロ、誘拐、企業恐喝、緊急避難、不買運動、製品汚染、労働紛争、贈収賄など、様々な事件の対応に携わると同時に、多くの企業に対し危機管理体制の構築運営指導を行う。

2004年~2005年、国交省海上セキュリティー委員会委員として、海上テロ対策方針の策定に携わる。

2007年 Control Risks日本法人社長を退任

2008年 株式会社 亀屋を設立し社長に就任。

現 在 企業や政府機関に対するコンサルティング活動の傍ら、大学での講義、新聞雑誌等への寄稿、講演等を通じて、危機管理思想の普及と実践に努めている。

 

主な著作

1988年 「誘拐・ハイジャック・企業恐喝」(警察庁との共訳)  読売新聞社

2001年 「異物混入対応成功の秘訣」              サイエンスフォーラム

2001年 「対テロ危機管理は大丈夫か」(平沢勝栄氏と共著) KKベストセラーズ 

2009年 「ソマリアの海で日本は沈没する」       KKベストセラーズ

2010年 「本船上の海賊対策」              日本船長協会

2010年 「ソマリア海賊問題のリスクマネジメント」 MS&AD 基礎研究所

2011年 「ソマリア海賊問題のリスクマネジメント2」MS&AD基礎研究所

2015年~「コラム <リスクと生きる>」 日本海事新聞に月1回長期連載中