<基礎コース>Enterprise Risk Management の基礎知識 2017

<基礎コース>Enterprise Risk Management の基礎知識 2017
-基礎から学ぶ分かりやすいERMとその実践-
開講日:7/18(火)、25(火) 18:00 ~ 20:00 *全2回
講 師:有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ  御子神 弘久 氏
申込締切日:7月7日(金)
¥15,580

 保険会社はそのビジネスの性質上、常にリスクと向き合ってきましたが、リスク管理は決して容易ではありません。巨大自然災害リスクの原因となる自然現象は完全には解明出来ていないのが現実です。また、資本・金融市場は、低金利、投機的マネーの動き、実体経済および政治状況など、不安定な要素を抱えています。さらに、テロ、サイバーリスクなど、保険会社に対応が期待されるリスクはますます多様かつ複雑になっています。
 このような状況下、保険会社を監督する金融庁は、リスクと経営戦略を統合的に管理する統合的リスク管理態勢への各社の取組状況を確認すべく、2015年度より「リスクとソルベンシーの自己評価に関する報告書(ORSAレポート)」の提出を全社に求め、提出後のヒアリングを実施しています。また、ERM評価目線の概要も昨年度公表されました。
 このようにERMは保険会社にとって極めて重要かつ必要なものです。近年、理論的整備がなされてきましたが、実務において唯一の正解があるわけでもなく、各社・各人がERMの最適解を求めるべく、模索し追及しているのが現状です。
 本講座では、ERMについて考え、実務で使うためにおさえておくべき基礎を分かりやすく解説します。事前知識は前提としませんので、所属部門を問わず、特にERMを基礎から学びたい方を中心に多くの皆様のご参加をお待ちしております。



【お申込みについて】
研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、貴社のお申込み方法に従ってください。

または
講座概要

講座概要

開講日 7/18(火)、25(火) 18:00 ~ 20:00 *全2回
講師 有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ  御子神 弘久 氏
会場

損保会館 会議室

住  所: 東京都千代田区神田淡路町2-9

最寄り駅: JR 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
      東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩5分
      東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A5出口 徒歩5分
      都営新宿線 小川町駅 A5出口 徒歩5分

*正面玄関のシャッターが下りた後(18:30以降)は右手奥の通用門をご利用下さい。損保会館に入館の際は、社員証または本募集要項をご提示下さい。

申込締切日 7月7日(金)
追加情報

【その他】

・お申し込み後の取消については、開講日の前日までに損保総研へご連絡下さい。
 当日のご欠席はキャンセル料として受講料の全額をご請求申し上げます。

・定員は設けておりませんが、受講希望者が僅少の講座については開講を見合わせることがあります。

・講演中の録音、録画は固くお断りいたします。

・事前アンケートは、講座内容の充実に向けて講師の参考資料としますのでご協力をお願いいたします。
 「アンケートWeb回答用」よりご回答ください。
 http://www.sonposoken.or.jp/node_60/2__1

講義項目

講義項目

【講義項目】

初日(7/18)
     1.保険会社におけるERMとは?
     2.保険会社におけるリスク管理の発展
     3.ERMにおける基礎概念

2日目(7/25)
     1.ERMとリスク計測
     2.ERMとリスク・ガバナンス
     3.ERMの取組状況

講師紹介

講師紹介

【講師紹介】

御子神 弘久(みこがみ ひろひさ)氏
有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループ
日本アクチュアリー会正会員、日本証券アナリスト協会検定会員

 略 歴
 国内および外国損害保険会社における保険数理、経理、資産運用、リスク管理、保険計理人等の業務に加え、コンサルティング会社および再保険ブローカーにおける保険数理アドバイスなどの幅広い業務経験を経て、2016年有限責任監査法人トーマツに入社。現在は保険会社の監査支援、保険計理人関連業務、IFRS関連業務のほか、商品開発、保険事業参入支援、保険会社価値評価、保険負債ポートフォリオ評価、統合リスク管理高度化支援などのアドバイザリー業務に従事。