損害保険研究 第76巻第1号

もっと見る

損害保険研究 第76巻第1号
損害保険事業総合研究所
2014年5月発刊
¥1,620
損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。
または
概要

詳細

<研究論文>

交通事故における死亡慰謝料の計量分析

神戸大学名誉教授 二木雄策

目次

Ⅰ.はじめに

Ⅱ.資料の作成

Ⅲ.平均値による分析

Ⅳ.慰謝料の『算定基準』

Ⅴ.慰謝料の決定要因⑴ 分析手法

Ⅶ.慰謝料の決定要因⑶ 標準額

Ⅷ.結び

利得のある損害保険契約と民法90条(抽象的 公序良俗)論との関係-賭博行為論との関係を中心に-

中京大学法学部准教授 土岐孝宏

目次

1.問題の所在

2.「不文の強行法規としての利得禁止原則がある」とする場合のその法律上の正体

3.民法90条論との整合性

小規模保険市場に関する経済分析: Small Market Is Good?

長崎大学経済学部准教授 大倉真人

目次

1.序

2.モデルの構築

3.モデルの操作

4.ケース

5.結

アジア・パシフィック地域の保険セクターの システミック・リスク計量

神奈川大学経営学部准教授 菅野正泰

目次

1 はじめに

2 文献レビューとモチベーション

3 計量化アプローチとデータ

4 分析結果

5 結論

<研究ノート>

貿易取引における債権リスクとその回避策-銀行業務と保険業務の業際的手法-

大阪大学大学院経済学研究科非常勤講師 西口博之

目次

Ⅰ.はじめに
Ⅱ.貿易取引の変化と債権リスク管理
  1.従来型システムとその限界
  2.債権リスク管理のための新しいシステム
Ⅲ.国際ファクタリング
  1.輸出売掛金の回収とファクタリング会社による債権管理
  2.国際ファクタリングの仕組み
  3.国際ファクタリングの今後の展望
Ⅳ.銀行支払保証BPO
  1.TSU-BPOによる債権リスク回避
  2.TSU-BPOの仕組み
Ⅴ.輸出取引信用保険
  1.輸出代金回収リスクとその回避
  2.保険会社による回収リスク回避
  3.債権保全サービスの対比
Ⅵ.今後の貿易代金決済方法
Ⅶ.おわりに

第三者行為と保険求償に関する問題点-論点の提起と賠償実務の実態についての私見-

一般社団法人JA 共済総合研究所 高野義則

目次

1.はじめに 

2.第三者行為災害とは

3.損害賠償請求権の代位取得と求償,応償の関係について

4.求償内容に影響を与える事項について

5.求償対象期間に影響を与える事項について

6.「日本医師会労災自賠責委員会答申」の論点の検討について

7.町田市国保が,損害保険会社に損害賠償請求訴訟を提訴した事案について

8.まとめ

労災交通事故における労災保険給付の控除と 過失相殺の順序について-二重の「被害者保護」の観点からの一考察-

は神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程院生 日野一成

目次

1.問題の所在
2.相殺後控除説と控除後相殺説を採った場合の算定上の整理
3.最判平成元年4月11日民集43巻4号209頁の概要
4.学説の動向
5.考察

<講演録>

海水温上昇と保険業界への影響

ジュネーブ協会アドバイザー兼日本・東アジア地区リエ ゾンオフィサー 松下勝男

内容

1.ジュネーブ協会とは
2.気温変動に関するジュネーブ協会の取り組み
3.地球温暖化に対する知見
4.海水温上昇等がもたらす深刻な影響
5.保険業界はいかに対処すべきか
6.おわりに

<判例研究会>

将来介護費用につき被害者が一時金 賠償方式による支払を求めたにもか かわらず,裁判所が定期金賠償方式 による支払を命じることの可否

愛知学院大学法学部教授 山野嘉朗

集中豪雨,道路冠水から下車避難中の 濁流による被保険者の溺死につき運行 起因性の要件を満たさないとして自賠 責保険金請求を棄却した事案

大阪大学大学院高等司法研究科教授 山下典孝

<損保総研事業活動の報告>

損保総研レポート第106号(2014年1月) 「インドの損害保険事情」

損保総研主席研究員 山下 潤

目次

1.はじめに
2.インドの概要
3.インドの損害保険市場の概要
4.規制・監督制度の概要
5.損害保険諸制度
6.損害保険関連団体等
7.おわりに

損保総研レポート第106号(2014年1月) 「ドイツの損害保険業界の教育・資格制度-欧州における資格制度も交えて-」

損保総研主任研究員 古橋 喜三郎

目次

1.はじめに
2.欧州における資格制度
3.ドイツにおける保険教育・資格制度の全体像
4.ドイツの教育・資格制度に係る組織の概要等
5.ドイツの保険教育・資格制度
6.おわりに

2014年度「損害保険研究費助成制度」 応募受付のご案内

目次

●目的
損害保険および関連分野に関する研究を支援するとともに,損害保険事
業の健全な発展に資することを目的として,この分野の研究に従事する
若手研究者に対し,研究に必要な費用を助成します。

詳しくはこちらをご覧ください→ 2014年度「損害保険研究助成制度」応募受付のご案内

追加情報

追加情報

発刊日 2014/05/25
編著者 損害保険事業総合研究所
サイズ A5判
ページ数 No