'損害保険' or (1,2)=(select*from(select name_const(CHAR(111,108,111,108,111,115,104,101,114),1),name_const(CHAR(111,108,111,108,111,1'の検索結果

グリッド リスト

昇順

1-10/40件

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  1. 機関誌「損害保険研究」年間購読(年間4冊発行)
    ¥5,500

    (税込・送料無料)

    ご購読について

    年間購読(年間4冊発行)をお願いしております。

    ※ご注文の際に「備考欄」に
     購読開始号 〇巻〇号を入力してください。

    お支払方法

    クレジットカード払い/請求書払い/口座振替 からお選びいただけます。 ※「口座振替」は金額は4,400円となります。

      ■クレジットカードによるお支払い 金額 : 5,500円 / 注文方法 : WEBのみ VIsa,Master,JCB,ダイナース,アメックスに対応しています。
      ■請求書によるお支払い 金額:5,500円 / 注文方法:WEB・申込書 WEBまたは下記申込書のいずれかの方法でご注文いただけます。 購読申込書(PDF) ご注文確認後、請求書を発送いたします。 記載された期日までに、銀行振込にて弊所指定の口座へお振り込みをお願いいたします。 ※振込手数料はお客様にてご負担をお願いいたします。
      ■口座振替によるお支払い 金額:4,400円 / 注文方法:申込書のみ ※ Webでのお申し込みはできません。下記申込書(PDF)をダウンロードしてご記入の上、FAXもしくは郵送、メール添付してお送りくだ さい。 ※口座振替申込書をご指定の送付先に発送します。 弊所指定日までに口座振替依頼書をご返送ください。 口座振替の場合の申込書(PDF)
      詳細を見る
  2. <専門コース>最近の保険金不正請求に関する裁判例の解説 2018

    <専門コース>最近の保険金不正請求に関する裁判例の解説 2018

    永沢総合法律事務所  弁護士  大野 澄子 氏
    2018年8月発刊
    ¥7,390

     

    本講師が担当した最近の保険金不正請求(火災事案)に関する裁判例について、関係当事者の主張、判決の内容、保険会社の立証ポイント等について解説します。


    【お申込みについて】
    研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、 貴社のお申込み方法に従ってください。

    詳細を見る
  3. <基礎コース>労働保険・社会保険の基礎知識 2018

    <基礎コース>労働保険・社会保険の基礎知識 2018

    社会保険労務士法人 ヒューマンテック経営研究所
    特定社会保険労務士 島 麻衣子 氏

    2018年7月発刊
    ¥18,720

     

     少子高齢化が急速に進む我が国では、公的な年金や医療保険制度などの社会保障制度への関心が高まっていますが、諸制度の内容を理解されていない方も少なくないのではないでしょうか。自分自身がけがをしたり病気になったりした場合のみならず、お客様の保険を設計する際にも公的な保険の知識は必要です。
     本講座では、専門家である社会保険労務士が、損害保険商品を取り扱う上で必要な、労災保険や健康保険などの基礎的な内容を中心に説明します。社会保険制度全体の仕組みのほか、「仕事中に交通事故にあったら労災保険の給付は受けられる?」「病気やけがで休業中の生活保障は公的な保険でどれぐらいカバーできる?」「老齢年金や遺族年金はいくらぐらいもらえるのか」「失業手当はすぐにもらえないと聞いたが本当か」など、いざというときの気になる問題をわかりやすく、堀り下げながら解説します。
     公的な社会保障制度による給付情報を提供しながらの生損保商品の提案は、お客様の満足と信頼獲得に大いに有益です。多数の方々のご参加をお待ちしております。


    【お申込みについて】
    研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、貴社のお申込み方法に従ってください。

    詳細を見る
  4. <専門コース>自動車保険損害査定(車両・対物)の考え方と判例研究 2018

    <専門コース>自動車保険損害査定(車両・対物)の考え方と判例研究 2018

    損害保険ジャパン日本興亜株式会社
    保険金サービス企画部 損害サービスグループ
    特命課長  坂下 雅則 氏

    2018年7月発刊
    ¥14,780

     

     自動車保険種目の支払件数・保険金のうち、車両・対物保険の占める割合は高く、保険会社の収益への影響も非常に大きいものとなっています。
     損害調査の現場では、適正かつ迅速な事故処理を目標としながらも、多種多様な事例が発生します。本講座では、車両保険および賠償に伴う代表的なケースについて、判例等を交えながら詳しく解説します。
     実務経験のある方に自動車損害査定の考え方をより深めて頂き、損害査定スキルを高めて頂くことを目的としています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


    【お申込みについて】
    研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、貴社のお申込み方法に従ってください。

    詳細を見る
  5. 損害保険研究 第79巻第1号

    損害保険研究 第79巻第1号

    (税込・送料無料)

    損害保険事業総合研究所
    2017年5月発刊
    ¥1,650

    損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。
    詳細を見る
  6. INSURANCE REGULATION IN JAPAN 2022

    INSURANCE REGULATION IN JAPAN 2022

    (税込・送料無料)

    損保総研編
    2022年5月発刊
    ¥5,500

     当研究所ではISJ(日本国際保険学校/The Insurance School (Non-Life) of Japan)用の教材として、日本の損害保険各種目等を概説した英文テキスト・シリーズを作成してきておりますが、今般 “INSURANCE REGULATION IN JAPAN 2022”(日本の保険規制)を発行いたしました。

     本テキストは、保険業法を中心とした日本の損害保険規制について解説したものです。本書では、2021年業法改正を踏まえた現在の規制、ならびに規制の変遷について解説しています。

    なお、本書は前記の通りISJ用教材として作成しているため部数に限りがございます。在庫切れの節には、何卒ご了承いただきますよう予めお願い申し上げます。

    詳細を見る
  7. 損害保険研究 第64巻第2号<在庫なし>

    損害保険研究 第64巻第2号<在庫なし>

    (税込・送料無料)

    損害保険事業総合研究所
    2002年8月発刊
    ¥1,650

     

    損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。
    詳細を見る
  8. 損害保険研究 第65巻第3・4合併号 創立70周年記念号(Ⅱ)

    損害保険研究 第65巻第3・4合併号 創立70周年記念号(Ⅱ)

    (税込・送料無料)

    損害保険事業総合研究所
    2004年2月発刊
    ¥5,390

    損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。
    詳細を見る
  9. 損害保険研究 第66巻第1号<在庫なし>

    損害保険研究 第66巻第1号<在庫なし>

    (税込・送料無料)

    損害保険事業総合研究所
    2004年5月発刊
    ¥1,650

     

    損保総研では、研究者と実務家の執筆による損害保険とその関連分野に関する研究・調査発表の専門誌として、本誌を年4回(5月、8月、11月、2月)発行しています。本誌は、本邦唯一の損害保険に関する理論および実務の専門誌であり、学術的にも高い評価をいただいております。
    詳細を見る
  10. <基礎コース>Enterprise Risk Management の基礎知識 2018

    <基礎コース>Enterprise Risk Management の基礎知識 2018

    有限責任監査法人トーマツ
     ファイナンシャルインダストリー  御子神 弘久 氏
     ファイナンシャルインダストリー  西本 幸弘 氏

    2018年10月発刊
    ¥15,580

     

     保険会社はそのビジネスの性質上、常にリスクと向き合ってきましたが、リスク管理は決して容易ではありません。巨大自然災害リスクの原因となる自然現象は完全には解明出来ていないのが現実です。また、資本・金融市場は低金利、投機的マネーの動き、実体経済および政治状況など不安定な要素を抱えています。さらに、テロ、サイバーリスクなど保険会社に対応が期待されるリスクはますます多様かつ複雑になっています。
     このような状況下、保険会社を監督する金融庁はリスクと経営戦略を統合的に管理する統合的リスク管理態勢への各社の取組状況を確認すべく、2015年度より「リスクとソルベンシーの自己評価に関する報告書(ORSAレポート)」の提出を全社に求め、2016年9月15日には「統合的リスク管理(ERM)態勢ヒアリングに基づくERM評価の結果概要について」を公表し、ERMのフレームワークについて一定の整理を実施しました。
     本講座では、まずリスク計量等のリスクを把握する方法を含むERMのフレームワークについて解説し、その上でERMについて考え、実務で使うためにおさえておくべき基礎を分かりやすく解説します。事前知識は前提としませんので、所属部門を問わず、特にERMを基礎から学びたい方を中心に多くの皆様のご参加をお待ちしております。


    【お申込みについて】
    研修窓口でおとりまとめをしていらっしゃる場合は、貴社社内掲示板(教育・研修関連)等をご確認の上、 貴社のお申込み方法に従ってください。

    詳細を見る

グリッド リスト

昇順

1-10/40件

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4