事故対応実務の基礎 2017年版

もっと見る

事故対応実務の基礎 2017年版
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 編
2017年4月発刊
¥1,440

損保総研では、損保業界に入社後1~3年目の社員を対象に、損害保険にかかわる基本的知識の習得を目的とした本科講座を開講していますが、本書はそのうちの1科目『事故対応実務の基礎』のテキストにあたります。 

 保険会社の社会的役割・使命は、不慮の事故に遭われた方の支援・救済にあり、それらの方に対して、堅実な事故対応、適正な保険金のお支払いを遂行し、より安心感、信頼感を高めていただくことで発揮されます。そのためには、常に高い倫理観、使命感を持ち、事故対応に関する知識、スキルの研鑚に励んでいく必要があります。本書は、自動車保険、火災保険の事故対応実務に関する基本的な知識を学んでいただくことを目的としています。そして、損害保険事業に関わるものとして知っておくべき基本的な法律、事故対応知識に焦点をあて、「実務に役立つ」ことを念頭に置いた内容としています。

または
概要

詳細

第1章 損害賠償に関わる知識

Ⅰ.交通事故における加害者の責任

Ⅱ.法律基礎知識

第2章 自賠責保険

Ⅰ.自賠責保険の概要

Ⅱ.自賠責保険における損害認定

第3章 対人賠償の実務対応

Ⅰ.任意保険会社の一括払

Ⅱ.対人賠償の事故対応の流れ

Ⅲ.過失割合の認定

第4章 物損事故の実務対応

Ⅰ.損害の種類(物損)

Ⅱ.自動車の損害調査業務

Ⅲ.間接業務

Ⅳ.対物賠償の事故対応の流れ

第5章 火災新種保険の実務対応

Ⅰ.火災新種保険の損害調査の特徴

Ⅱ.傷害保険の損害調査

Ⅲ.所得補償保険の損害調査

Ⅳ.火災保険の損害調査

Ⅴ.賠償責任保険の損害調査

Ⅵ.広域災害対応

Ⅶ.地震保険の損害調査

Ⅷ.モラルリスク対応

追加情報

追加情報

発刊日 2017/04/27
編著者 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 編
サイズ A5
ページ数 155