損害保険市場論 (八訂版)

もっと見る

損害保険市場論 (八訂版)
福岡大学法科大学院教授  佐野 誠、早稲田大学商学学術院准教授 中出 哲、日本大学講師 井口 浩信
2015年6月発刊
¥2,060

損保総研では、損保業界に入社後1~3年目の社員を対象に、損害保険にかかわる基本的知識の習得を目的とした本科講座を開講しています。本書はその1科目である『損害保険市場論』のテキストにあたり、今般2年ぶりに改訂し、八訂版を発刊いたしました。 

 本書は日本の損害保険市場について、国内外の客観的データからの分析、過去の業界の振り返りと現状把握、販売チャネルの動向と課題、そして損保市場の将来への展望という、多角的にアプローチした構成となっています。また単なる現状分析にとどまらず、第5章では本科講座の講師も務める筆者が、受講者への指導の中から浮かび上がった業界の課題をヒントとし、問題を提起する構成としています。

主な変更点は、第2章の「世界の損害保険市場」で、中国の保険事情について加筆、第3章の「損害保険の歴史的経緯」では、「積立型保険」、「地震災害と地震保険」の項目を追加致しました。また巻末に索引を新たに設けています。 

本書は損害保険事業の従事者はもとより、損保業界に関心のある多くの方に、日本の損害保険市場の概要の理解、および現在の課題、今後を展望する上で、いろいろな示唆を与えるものと考えます。

または
概要

詳細

第1章  わが国の損害保険市場

第2章  世界の損害保険市場

第3章  損害保険市場の歴史的経緯

第4章  損害保険販売チャネルの動向と課題

第5章  損害保険市場の課題と展望

追加情報

追加情報

発刊日 2015/06/01
編著者 福岡大学法科大学院教授  佐野 誠、早稲田大学商学学術院准教授 中出 哲、日本大学講師 井口 浩信
サイズ A5
ページ数 197