学術書

損害保険および関連分野に関する著作や翻訳などで、学術的評価の高い書籍を刊行しています。

グリッド リスト

昇順

11-20/21件

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. アメリカの損害保険料率制度-規制と競争の理論と実態に関する研究-

    アメリカの損害保険料率制度-規制と競争の理論と実態に関する研究-

    (税込・送料無料)

    東京国際大学特任教授 商学博士 越知 隆著

    2001年4月発刊
    ¥5,000

     アメリカの損害保険料率制度は、監督法規・行政が州別であり、わが国が制度再構築の範とした当時から今日にいたるまで、諸環境の変化に伴い幾多の変遷を重ねてきました。 この間の変革推移の動因は、損害保険料率制度とその運営に関し、「規制」と「競争」がどのようにあるべきかの問題をめぐる論議と実際の動きでありました。 なかでも最大の要因は損保大衆保険(自家用自動車保険・住宅総合保険)分野の料率問題であり、その事情には各州別に著しい差異がみられます。

     本書では、著者の10余年に及ぶ長期間の研究、膨大な資料の分析ならびに現地での実態調査を踏まえて、アメリカの損害保険料率制度について、その沿革、諸形態、変革推移を詳しく解説しています。 また、新たな変革の動向と当面の課題にも触れ、今後の制度のあり方を考える上でも大いに参考になると思います。

    詳細を見る
  2. やさしく説明した「確率」の解説書

    やさしく説明した「確率」の解説書

    (税込・送料無料)

    アクチュアリー 小暮 雅一 著

    2000年11月発刊
    ¥2,670

    -アクチュアリー試験(「損保数理」「確率」)勉強の座右書-

     筆者の小暮雅一氏は、当研究所の「アクチュアリー資格取得講座」「数理処理能力アップ講座」などの科目を長年ご担当していた方です。 本書の発刊をご案内するとともに、広く本書をおすすめします。

    (執筆者より)
     2000年から「損保数理」が新しくアクチュアリー試験に加えられましたが、「確率」の考え方、計算のやり方が理解できなくては、合格はおぼつかないと思います。

     一方、「確率」がマスターできるなら、「統計」の理解の基礎となり「数学」の合格につながります。

     損保、生保、信託業界等に従事する皆さんは、日常業務で「確率」を良く用いますし、最近では「金融工学」でも「確率」を駆使しています。

     将来展望を含め、「確率」の座右の書としていただけたら幸いです。

    詳細を見る
  3. 傷害保険の法理

    傷害保険の法理

    (税込・送料無料)

    山野嘉朗他

    2000年1月発刊
    ¥8,640

    平成12年3月刊行
    詳細を見る
  4. アメリカの法制度と損害賠償法

    アメリカの法制度と損害賠償法

    (税込・送料無料)

    山田卓生著

    1997年1月発刊
    ¥2,940

    1997年1月発刊
    詳細を見る
  5. キャプティヴ研究

    キャプティヴ研究

    (税込・送料無料)

    森宮康著
    1997年1月発刊
    ¥6,480

  6. 講演録−保険審議会最終報告

    講演録−保険審議会最終報告

    (税込・送料無料)

    水島一也・倉澤康一郎

    1997年1月発刊
    ¥1,080

    当研究所では1997年7月22日大阪で、神戸大学の名誉教授であり保険審議会会長であった水島先生に、また翌23日には東京で、慶應義塾大学名誉教授でかつ保険審議会委員・基本問題部会長であった倉澤先生に、それぞれ保険審議会最終報告についてご講演を頂きました。

    ご承知の通り、保険業界は1996年4月、56年ぶりの保険業法改正に始まり、その後11月の金融システム改革、いわゆる日本版ビック・バン構想の打ち上げ、12月の日・米保険協議の決着、また それら一連の動きを受けた1997年6月の保険審議会最終報告、と実に目まぐるしい動きの中にありました。

    本講演録は、この保険審議会最終報告の作成にあたって、保険審議会会長および同審議会・基本問題部会長というそれぞれ重要なお立場で活躍されたお二人の先生の講演会でのお話を一冊にまとめたものです。

    内容は、都合10回に亘り精力的に行なわれた保険審議会・基本問題部会の審議の結果、1997年6月13日に大蔵大臣宛てに提出された最終報告書について、総論・各論を夫々わかりやすく解説したものです。

    また、最終報告書作成にいたる一連の流れも詳しくまとめられております。

    詳細を見る
  7. 改訂 債権担保と損害保険

    改訂 債権担保と損害保険

    (税込・送料無料)

    田川士郎著

    1996年1月発刊
    ¥2,940

    1996年1月発刊
    詳細を見る
  8. ハンセル保険の原理

    ハンセル保険の原理

    (税込・送料無料)

    木村栄一・越知隆訳

    1995年1月発刊
    ¥4,220

  9. ターナー海上保険の原理

    ターナー海上保険の原理

    (税込・送料無料)

    木村栄一・近見正彦訳
    1994年1月発刊
    ¥3,150

  10. ニューヨーク州保険法

    ニューヨーク州保険法

    (税込・送料無料)

    小池貞治訳
    1991年1月発刊
    ¥4,200

グリッド リスト

昇順

11-20/21件

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3