損害保険講座用テキスト

損害保険講座で使用するテキストを刊行しています。大学の講義に使用されているものもあります。

グリッド リスト

昇順

1-10/14件

ページ:
  1. 1
  2. 2
  1. 損害保険会計と決算  2019年版

    損害保険会計と決算 2019年版

    (税込・送料無料)

    東京海上ホールディングス株式会社 経理部主計グループマネジャー 林 尚幸 著

    2019年11月発刊
    ¥2,970

    当研究所では、損害保険業界に勤務されてから1~3年目の方々を主な対象に、損害保険に関わる基礎的知識の習得を目的とした本科講座(全13科目)を開講しております。

    このたび本科講座テキストとして、『損害保険会計と決算』(2019年版)を刊行いたしましたのでご案内いたします。

    損害保険会社の会計業務は、資金管理業務・保険料債権の管理業務・予算業務・計算業務(決算業務を含む)等に分られますが、本書では主として計算業務を対象としています。

    2019年版の発刊にあたり、直近の法令、会計基準会計基準の変更に対応した修正ならびに解説の追加等を中心に改訂を行いました。

    損害保険会計の最新の実務書ならびに解説書としてもご活用いただけるものと考えますので、是非お手許に1冊置かれることをお奨めいたします。毎年好評を博していますが、講座用テキストとして作成していますので部数に限りがございます。お買い求めいただく場合は早めにお申込みください。なお、万が一売切れの節には悪しからずご了承下さるようお願いいたします。

    詳細を見る
  2. 保険契約法 2019年版

    保険契約法 2019年版

    (税込・送料無料)

    上智大学法学部教授 甘利公人
    北海道大学大学院法学研究科教授 山本哲生
    法政大学法学部教授 潘 阿憲
    愛知学院大学法学部教授 山野嘉朗
    京都産業大学大学院法務研究科教授 今井 薫 著

    2019年6月発刊
    ¥2,640

    損保総研では、主に損害保険業界に勤務してから1~3年目の社員を対象に、損害保険にかかわる基本的な理論と知識の習得を目的とした本科講座(全13科目)を開講しています。本書はそのうちの1科目、『保険契約法』のテキストになります。

    2019年版では、最新の判例を追加するとともに、平成29年の民法改正(令和2年4月1日施行)を反映した内容としました。

    執筆陣の先生方は長年保険法の研究に従事され、大学で教鞭をとっていらっしゃるとともに、本科講座でも実際に指導にあたっていただいている方々でもあります。損害保険事業にかかわる若手社員の方はもとより、保険契約法について深く学習してみたいと考えている一般の方にもお勧めしたい一冊です。

    詳細を見る
  3. 損害保険関係法規集 2019年版

    損害保険関係法規集 2019年版

    (税込・送料無料)

    損保総研編

    2019年5月発刊
    ¥4,180

    本書は、損保総研主催の本科講座の科目である「保険業法」「保険契約法」等の参考資料として毎年改訂しているものであり、収録している法令は、保険法も含み19法令となっております。また、「保険業法」「同法施行令・施行規則」は全条文を掲載しております。

    本書は、損害保険業に従事されている方々のみならず、研究者の方々にも参考になるものと考えますので、是非お手許に1冊置かれることをお奨めいたします。

    詳細を見る
  4. 損害保険市場論 (十訂版)

    損害保険市場論 (十訂版)

    (税込・送料無料)

    福岡大学法科大学院教授  佐野 誠、千葉商科大学商経学部講師  竹井 直樹、滋賀大学経済学部講師 野口 清司、西南学院大学商学部教授 小川 浩昭、日本大学法学部講師 井口 浩信

    2019年5月発刊
    ¥2,090

    損保総研では、主に損害保険業界に勤務してから1~3年目の社員を対象に、損害保険にかかわる基本的知識の習得を目的とした本科講座(全13科目)を開講しています。本書はその1科目である『損害保険市場論』のテキストにあたりますが、今般執筆者を一部入れ替えるとともに、第4章、第5章を全面的に書き換えいたしました。

     本書は日本の損害保険市場について、国内外の客観的データからの分析、過去の業界の振り返りと現状把握、販売チャネルの動向と課題そして展望、損害保険事業の課題と展望、という多角的にアプローチした構成となっています。

    本書は損害保険事業に従事されている方はもとより、損害保険業界に関心をお持ちの多くの方にとって、日本の損害保険市場の理解、および現在の課題、今後を展望する上で、いろいろな示唆を与えるものと考えております。

    詳細を見る
  5. 新種保険論(賠償責任) 2019年版

    新種保険論(賠償責任) 2019年版

    (税込・送料無料)

    三井住友海上火災保険株式会社 編

    2019年4月発刊
    ¥2,090

    当研究所では、損害保険業界に勤務されてから1~3年目の方々を対象に、損害保険に関する基礎的知識の習得を目的とした本科講座を開講しており、本書は、同講座の科目である「新種保険論(賠償責任)」の2019年度用のテキストとしては発行しています。

    社会の発展に伴い権利義務意識が高まっていることにより、日常生活や企業活動において様々な賠償事故が発生しています。その意味で、賠償責任保険は、今後ますます重要性が増していくことが予想される保険商品であり、発展が見込まれる分野です。本書では、賠償責任および損害賠償責任保険についての基本的な考え方や知識を紹介しており、損害保険業務に携わっている方をはじめとして、損害保険に興味を持たれていらっしゃる方など、多くの方々におすすめしたい1冊です。

    詳細を見る
  6. 再保険論(2018年版)

    再保険論(2018年版)

    (税込・送料無料)

    トーア再保険株式会社 編

    2018年11月発刊
    ¥2,420

    本書は、損保総研主催の本科講座の一科目である「再保険論」のテキストで、2年ぶりにデータ等を更新いたしました。

    本書の内容は、「再保険 理論とその実務[改訂版]」(トーア再保険株式会社編、日経BPコンサルティング発行)をもとに、より再保険の基礎的な項目に特化した内容にまとめなおしたものです。

    再保険に関する基礎的な知識を習得したいとお考えの方に、是非購読をおすすめいたします。

    詳細を見る
  7. アンダーライティング

    アンダーライティング

    (税込・送料無料)

    企画・編集 損保総研

    2018年5月発刊
    ¥5,280

    本テキストは、2012年2月に当研究所が主催する上級講座開設とともに出版されたもので、その後、2015年5月の改訂を経て、今般3年ぶりに改訂を行いました。 本テキストは、主要種目のアンダーライティングに必要な知識と再保険等の関連知識を加えた網羅的な内容で構成されており、発刊以来、アンダーライティングに関する実務書、講座テキストとして多くの方から親しまれています。また、CIIやThe Instituteなど欧米の保険教育機関からも高い評価を得ています。 損害保険業界関係者のみならず、損害保険やリスクマネジメントに関心のある方にも広く活用していただけるものです。

    テキストはⅠ、Ⅱの2分冊となっており全10章の構成で各章の内容は次の通り。企業営業担当者のみならず、広く損害保険事業に携わる方の保険引受に関する参考図書としても活用出来る内容となっている。各章の内容は次の通り。

    詳細を見る
  8. 保険業法(2018年版)

    保険業法(2018年版)

    (税込・送料無料)

    専修大学法学部教授・筑波大学名誉教授 出口 正義編著
    神戸学院大学法学部教授 岡田 豊基著  

    2018年5月発刊
    ¥2,200

    損保総研主催の本科講座の一科目である「保険業法」の2018年度用テキストとして2年ぶりに改訂、刊行いたしました。保険業法の概説書であるため、保険業法施行令や保険業法施行規則等については必要の範囲内で記載しております。

       

    詳細を見る
  9. 損害保険とリスクマネジメント(2018年版)

    損害保険とリスクマネジメント(2018年版)

    (税込・送料無料)

    専修大学教授 杉野 文俊
    PCRM研究所代表 池内 光久
    京都産業大学教授 諏澤 吉彦
    慶応義塾大学非常勤講師 内藤 和美
    東京理科大学教授 柳瀬 典由

    2018年5月発刊
    ¥2,640

     当研究所では、損害保険業界に勤務されてから1~3年目の方々を対象に、損害保険に関わる基礎的知識の習得を目的とした本科(通信)講座を開講しております。本書は、同講座の一科目である「損害保険とリスクマネジメント」のテキストとして、本年度改訂版として刊行したものです。

    本書は、損保総研主催の本科講座の一科目である「リスクマネジメント」のテキストとして、2年ぶりに改訂いたしました。データの更新、裁判例や新法などによる修正を行いました。本書の執筆陣は、長年にわたって損害保険の実務にも携わった経験もあり、理論と実務の双方に精通しています。損害保険業界の方々はもとより、研究者や学生の皆様にもお役に立てるテキストとして、ご購読をおすすめいたします。

    詳細を見る
  10. 自動車保険論(第29版) 2018年版

    自動車保険論(第29版) 2018年版

    (税込・送料無料)

    損害保険料率算出機構 編

    2018年3月発刊
    ¥2,530

    当研究所では、主に損害保険業界に勤務されてから1~3年目の方々を対象に、損害保険に関わる基礎的知識の習得を目的とした本科講座(全13科目)を開講しております。

    本書は、同講座の1科目である「自動車保険論」のテキストとして作成されたものです。

    本書は、わが国における自動車保険の発展の歴史を始めとして、自賠責保険および任意自動車保険の標準的な商品内容について体系的かつ総合的に解説しています。

    したがって、本書は他に類書が少ないこともあって多くの業界関係者の方々はもとより、研究者や学生の皆様にも参考になるものと考えます。

    詳細を見る

グリッド リスト

昇順

1-10/14件

ページ:
  1. 1
  2. 2