<2013年7月>損保総研レポート第104号

もっと見る

<2013年7月>損保総研レポート第104号
(税込・送料無料)

(公財)損害保険事業総合研究所
研究部
2013年7月発刊
¥1,030

公益財団法人 損害保険事業総合研究所(理事長 遠藤 寛)では、研究員による調査研究の発表の場として機関誌「損保総研レポート」を定期刊行しています。

今号(第104号)では、次のとおり研究員2名のレポートを掲載するとともに、他に海外の金融・保険市場の動向等を紹介しています。

または
概要

詳細

勅許保険協会(CII)資格制度の意義と運営-損害保険会社役職員の資質向上の観点を中心に-

主席研究員 牛窪 賢一

近年、わが国では、損害保険募集人に関して、資格・教育・研修制度の整備が進められてきています。一方、損害保険会社の役職員の資質向上については、現状ではこのための資格制度は特に設けられていません。また教育・研修については実践的な事項を中心に各社が実施していますが、業界ベースでの理論面を含む体系的な教育・研修制度については、若手中心の損害保険本科講座等、一部の例外はあるものの、十分に構築されていないのが実態です。

イギリスには、勅許保険協会(The Chartered Insurance Institute:以下「CII」)が資格授与機関となって運営しているCII資格制度が存在し、関連する教育・研修サービスも幅広く提供されています。CII資格制度においては、保険ブローカー等の保険仲介者だけでなく、保険会社の役職員も自主的に資格を取得し、知識、技能のレベルの高さを客観的に示すことを通じて、顧客からの信頼の向上や役職員自身のキャリア形成等に役立てています。

もとより、保険事業にとって最も重要な資源は人材であり、顧客サービスの向上、保険事業の発展のためには、保険仲介者の資質向上だけでなく、保険会社の役職員の資質向上も欠かせない重要な要素となっています。

保険事業のグローバル化が進展する中で、わが国も、損害保険会社の役職員を対象とする業界ベースでの資格・教育・研修制度の構築に関する検討が必要な時期にきているのではないかという問題意識から、本稿では、検討のための参考情報のひとつとして、CII資格制度の意義や運営方法について紹介しています。

1.はじめに

2.保険業におけるプロフェッショナル・スタンダードの役割

3.CII組織の概要

4.CII資格制度と勅許認定制度

5.CIIの教育・研修制度

6.事業環境変化とCIIの取組

7.おわりに

アフリカの損害保険市場

主任研究員 佐川 果奈英

アフリカの人口や経済は今後急激に成長することが見込まれており、アフリカに対する世界の注目が非常に高まっています。現在のアフリカにおける保険市場は世界の他の地域と比べると規模が小さいものの、主要国では経済成長に伴い保険市場も成長しています。アフリカ諸国の損害保険の浸透率は全般的にまだ低く、今後も更なる成長が期待されています。

本稿では、一般的になじみの薄いアフリカの概要を説明したうえで、アフリカの保険市場の全体像および主要国における損害保険市場の概要を紹介しています。また、アフリカにおいては、各国が連携し、保険市場の発展のため保険協会等の保険関連団体の設立や地域の再保険会社の設立がなされていることから、これらについても紹介しています。

1.はじめに

2.アフリカの概要

3.アフリカ保険市場の全体像

4.主要国における損害保険市場の概要

5.アフリカ諸国内における連携

6.おわりに

追加情報

追加情報

発刊日 2013/07/31
編著者 (税込・送料無料)

(公財)損害保険事業総合研究所
研究部
サイズ A4
ページ数 89