損害保険料率算出団体に関する法律(新版 第2版)

もっと見る

損害保険料率算出団体に関する法律(新版 第2版)
(税込・送料無料)

上智大学名誉教授 弁護士 法学博士 石田 満 著

2005年6月発刊
¥2,060

 昭和23年に制定された「損害保険料率算出団体に関する法律」(料率団体法)は、平成7年の改正保険業法成立後も、平成9年、平成10年さらには平成11年と大幅な改正が加えられてまいりました。

 本書では、平成11年以降の改正(平成16年6月2日法律第76号、同年6月18日法律第124号、同年12月1日法律第147号)の改正までを織り込み、この度、新版第2版として刊行いたしましたのでご案内申し上げます。

 なお、料率団体法は保険業法と法体系的に一体をなすものでありますので、当研究所出版の石田 満著 「保険業法(全訂第2版)」(平成16年1月発行)と併せて参照されますようお薦めします。

または
概要

詳細

第1章  総論
第2章  損害保険料率算出団体の設立等
第3章  損害保険料率算出団体の業務
第4章  参考純率および基準料率等
第5章  特定法人に対する特則
第6章  監督
第7章  登記等
第8章  雑則
      法令

追加情報

追加情報

発刊日 2005/06/01
編著者 (税込・送料無料)

上智大学名誉教授 弁護士 法学博士 石田 満 著

サイズ A5判
ページ数 155